学園前アートフェスタ

出展作家詳細

Re:planter + 川﨑 仁美 / Hitomi Kawasaki(植物)


淺沼記念館(茶室)
Re:planter + 川﨑 仁美
Re:planter(作品担当)と川﨑仁美(キュレーション担当)のユニット参加です。
Re:planterは、例えば使われなくなった電球の内部に植栽を施すことで、そして自然の理を探求し、循環する生きた作品作りをコンセプトとしています。
川﨑仁美氏、盆栽研究家であり、高校生の時から盆栽雑誌のナビゲーターを務め、2009年より『日本盆栽大観展』の広報・解説ツアーを担当。盆栽の解説・キュレーションを行い、現代盆栽を広める活動をしています。

MAP


Artist Profile

Re:planter

Re:planter植栽家、村瀬貴昭のソロプロジェクト
幼少期に祖父の盆栽
思春期にアクアテラリウム
青年期に稀少植物のコレクター
それら独学を経て2012よりRe:planter開始。
Re:cycle Plantsを信条に使われなくなった様々な素材に植栽、そして自然の理を探求し、循環する生きた作品作りをコンセプトとする。
植栽家として海外を含め様々な土地で植物を採集し、現地での公開植栽=Ikibanaを行う。
2017年:大阪タカシマヤ 7F「BONSAIフェスティバル」 Re:planter/展示、ライヴプランティング
2017年:art gallery wad+「Re:planter × 安永正臣」/ 展示、ライヴプランティング




川﨑 仁美 / Hitomi Kawasaki

1980年京都生まれ。
盆栽研究家。京都工芸繊維大学大学院博士前期課程修了(工学修士)、博士後期課程に在学中。
京都造形芸術大学非常勤講師。
高校3年生から盆栽雑誌のナビゲーターを務め、2009年より『日本盆栽大観展』(京都市勧業館/11月)の広報・解説ツアーを担当。
「日本盆栽ー小さな巨木」をキーワードに国内外で盆栽の解説・キュレーションを行う。
2017年:京都盆栽大使就任。