学園前アートフェスタ

出展作家詳細

城戸 保 / Tamotsu Kido(写真)


GM-1 gallery
城戸 保
自然の中で人工物が錆び朽ちて行く風景など、人間が創り出すものの上にも振る積る時間をテーマに、作品制作しています。
経済発展を優先に考えられて人工的に作られた植林の、密集した木々、深い森の中の木漏れ陽や影を捉えた作品は、今回の学園前アートフェスタのメインビジュアルにもなっています。

MAP


Artist Profile

城戸 保 / Tamotsu Kido

1974年:三重県に生まれる
2002年:愛知県立芸術大学大学院美術研修科修了

<主な個展、グループ展、プロジェクト>

2017年:「風景画/舟を釣る」HAGIW ARA PROJECTS(東京)
2017年:「光と黄色」See Saw gallery + hibit(愛知)
2016年:「RECENT WORKS」SUNDAY(東京)
2015年: 六本木ヒルズクラブ(東京)
2015年:「色空間」HAGIWARA PROJECTS(東京)
2014年:「ある風景」HAGIWARA PROJECTS(東京)/愛知県立芸術大学サテライトギャラリー(愛知)
2014年:「R42」HAGIWARA PROJECTS / nap gallery(東京)
2012年:「森と畑」See Saw gallery + cafe(愛知)
2010年: ギャルリー東京ユマニテ(東京)
2003年: ギャラリーNAF(愛知)
2002年: 日興コーディアル証券ウィンドーギャラリー(愛知)
2002年: 「現在性の美術 vol.9 城戸保」ギャラリーMAKI(東京)